2010年07月31日

橘川幸夫さん

朝。
セブンイレブンに届いた本
「希望の仕事術」(橘川幸夫 バジリコ)

これは熱い本です。
シビれます。

企画書と予算書が
世の中をつまらなくした。

なるほど。
「予測可能」なものなど、
やっても面白くないということか。

お昼。
運良く、橘川さんと
ご一緒することになった。

ツイッターがすごいのではない。
システムを賛美するのではなく、
システムを作る側にいかなければならない。

2001年「インターネットは儲からない」(日経BP)

を読んだときから、
会いたかった憧れの人。

熱い話をたくさん聞きました。
ありがとうございました。

本屋とは、答えを教えてくれるところではなく、
問いをくれる場所だ。

そんな本屋。
実現します。



同じカテゴリー(オススメ本)の記事画像
本屋さんへ行こう
幸せの新しいものさし
これから何が起こるのか?
ベストセラーには理由がある
LIFE-mag
少年犯罪は急増したのか?
同じカテゴリー(オススメ本)の記事
 コンテンツとコンテクスト (2011-04-25 08:04)
 ドケチ道 (2011-04-23 05:31)
 本屋さんへ行こう (2011-04-21 07:21)
 モノを買うことで人と人がつながる (2011-04-05 06:30)
 共同体 (2011-03-11 06:33)
 労働疎外論 (2010-12-23 07:46)

Posted by ニシダタクジ at 07:20│Comments(0)オススメ本
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。