2011年04月05日

モノを買うことで人と人がつながる

キュレーションの時代
(佐々木俊尚 ちくま新書)

これは時代を読む必読の1冊かもしれません。

ツルハシブックスのソファで
立ち読み(座り読み)していたら、
あまりに面白くて、買ってしまいました。

情報の常識が変わった。

情報を求める人が
多様化、細分化して、
どこかにビオトープを形成している。

そこにアプローチできるかどうか。
それがビジネスの鍵を握る時代。

本書に出てくる、
たくさんのエピソードが時代の流れを痛感させ、
テレビや新聞広告などのマス広告の
効果がどんどん薄れてくるのがリアリティをもって学べる。

この本を読んだ後に
小阪祐司「お客様の特別になる方法~リレーションシップキャピタルの時代」
を読むことで、
より深く理解できるのではないかと思われます。

そんでもって具体的には
フェイスブックやツイッターの活用法的な
本を読んで、アクションしていく3段活用がいいのかな。

そんな棚、つくってみようっと。

松岡さんが言っていた。
書店の仕事は、本のつづきをつくること。


同じカテゴリー(オススメ本)の記事画像
本屋さんへ行こう
幸せの新しいものさし
橘川幸夫さん
これから何が起こるのか?
ベストセラーには理由がある
LIFE-mag
同じカテゴリー(オススメ本)の記事
 コンテンツとコンテクスト (2011-04-25 08:04)
 ドケチ道 (2011-04-23 05:31)
 本屋さんへ行こう (2011-04-21 07:21)
 共同体 (2011-03-11 06:33)
 労働疎外論 (2010-12-23 07:46)
 CSR3.0 (2010-11-15 08:37)

Posted by ニシダタクジ at 06:30│Comments(1)オススメ本
この記事へのコメント
そこにアプローチできるかどうか。
Posted by brand handbags at 2011年04月19日 15:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。