2009年01月14日

不便さが人をつなぐ

便利で快適。
これがわが国の経済を押し上げた
原動力となった。

電化製品、自動車
その他さまざまなサービスの普及。
しかしながら。
僕たちは徐々に失っていった。

そうだった。
「便利さ」「快適さ」というのは、
人と人のつながりを切っていくこと。

ということは。
サービスとは、お客さんを喜ばせること。

いま。
お客さんの喜びが便利さや快適さでは
ないところにあるとしたら。

「人のつながり」にこそ
喜びを感じるとしたら。

人をつなげる「不便なサービス」こそが
消費者から求められるのではないだろうか。
宅配するのはなく、取りに来てもらう。

めんどーだな、と思わせるようなことを
あえてやっていく。
もしかしたらそこに突破口があるのかもしれません。

松崎館長、遠くからステキな刺激をありがとうございます。



同じカテゴリー(日記)の記事画像
さいたにや
浜メグリ
パラダイム・シフト
カーブドッチマルシェ
肉屋と思い出
火起師
同じカテゴリー(日記)の記事
 更新情報 (2014-06-18 07:12)
 ブログ移行 (2011-05-01 21:23)
 さいたにや (2011-04-28 06:24)
 浜メグリ (2011-04-18 06:08)
 パラダイム・シフト (2011-04-16 06:33)
 模倣困難性という強み (2011-04-12 06:44)

Posted by ニシダタクジ at 07:05│Comments(0)日記
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。