2010年07月15日

そして僕は途方に暮れる

雨の新潟。
新潟から加茂へのひとりドライブ。
信濃川沿いをひたすらに三条方面に向かう。

片道50分。

ふと。
ラジオから音楽が聞こえる。

1984年の大沢誉志幸「そして僕は途方に暮れる」

懐かしいベース音。
昭和の名曲が過去にプレイバックさせる。
感謝の思いがあふれだしてくる。

こうしている間にもスタッフのみんなは、
どうやって学生にアプローチをするのか、
ミーティングをしている。

そんな周りにいるスタッフに対して。
何より、そんな仕組みを作ってくれた中村くんに対して。
そして、生まれたときから今まで、ずっと支えてくれた人たちに対して。

「ありがとう」の想いが
あふれだしてきて、泣きそうになった。

加茂では、居酒屋てっぺんの大島啓介さんの話に
心震えた。

マー君のいた、駒大苫小牧の強さの秘密。
それは、優勝することをイメージするのではなく、
優勝した後に、関係者に感謝の想いを伝えているシーンを
イメージしていたから。

お世話になった人に感謝する。
そんなイメージトレーニングが脳に最高の環境を与える。

ただただ、ありがとう。


同じカテゴリー(日記)の記事画像
さいたにや
浜メグリ
パラダイム・シフト
カーブドッチマルシェ
肉屋と思い出
火起師
同じカテゴリー(日記)の記事
 更新情報 (2014-06-18 07:12)
 ブログ移行 (2011-05-01 21:23)
 さいたにや (2011-04-28 06:24)
 浜メグリ (2011-04-18 06:08)
 パラダイム・シフト (2011-04-16 06:33)
 模倣困難性という強み (2011-04-12 06:44)

Posted by ニシダタクジ at 06:33│Comments(0)日記
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。