2009年12月27日

こどもの夢を育てる

昨日。
居酒屋「てっぺん」
大嶋社長の講演会に行ってきました。

熱い時間となりました。
朝礼とは、単なる勢いのいい挨拶ではないのだと。
あれこそが、ノウハウを結集した
脳トレーニング、「スーパーブレイントレーニング」
なのだと、分かりました。

脳にとって最もよくないこと。
それはマイナスの言葉を言うこと
マイナスの動作をすること
マイナスの表情をすること

マイナスの言葉ワースト1が
「つかれた」という言葉だそうです。

こどもの夢をつぶしていく
方法でもっとも強力なもの。

それは、
「疲れた」と子どもに言い続けることだと言います。

仕事から帰ってきて、
「疲れた」と言う。

仕事ってつらいんだ。
と認識します。

街の人の顔を見て、どうも疲れているように見える。

ああ、大人って大変なんだ。

どうなるでしょう。

夢を持てなくなります。

大人になりたくなくなります。

昔はよかった。
と人は言います。

昔の子どもは、夢があった、とも言います。

昨日の講演で確信しました。

違います。

昔の大人に夢があったんです。

いつかはクラウン。
いつかはマイホーム。

戦後からの復興。
欧米に追いつけ、追い越せ。

大人の笑顔を見て、子どもそれを夢にすると言います。
大人が言葉や表情を変えていく。
それがこどもが夢を持つようになる唯一の方法です。

大嶋さんが決めていること。
「家に帰るときにいちばんカッコいい姿で帰る」

仕事たのしかったぞと笑顔で帰っていく。
たまには温泉に行って、仕事の楽しかった話を
伝えていく。

僕たちの笑顔と言葉が、世界を変えていく。

確実に。


同じカテゴリー(日記)の記事画像
さいたにや
浜メグリ
パラダイム・シフト
カーブドッチマルシェ
肉屋と思い出
火起師
同じカテゴリー(日記)の記事
 更新情報 (2014-06-18 07:12)
 ブログ移行 (2011-05-01 21:23)
 さいたにや (2011-04-28 06:24)
 浜メグリ (2011-04-18 06:08)
 パラダイム・シフト (2011-04-16 06:33)
 模倣困難性という強み (2011-04-12 06:44)

Posted by ニシダタクジ at 05:10│Comments(0)日記
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。