2009年11月14日

情報革命

なんども登場
田坂広志「これから何が起こるのか」
古くて、新しい本。

いま、世の中で何が起こっているのか?
がものすごく分かる本。

「情報革命」
は本当に革命なんだ。

ただ、新しいことが始まることではない。
歴史や産業が大きく変わることでもない。

「革命」とは、
昔から、ただひとつの定義しかない。


「権力の移行」


その意味だ。

情報革命とは
情報における権力の移行。

ただ、知識を貯め込んでいるだけの専門家は不要となった。
知識を貯めなくても、検索すればいいからだ。
劇的な変化が、いま、起こっている。

モノを売るのもそうだ。
つくり手からの一方的な情報発信で
モノが売れる時代はもはや終わっている。

顧客自身がマーケティングをする時代、
販売促進をする時代だ。
権力が移行しているのだ。

そこの対応するサービスを生み出さなければ、
支持はどんどん失われていく。


同じカテゴリー(オススメ本)の記事画像
本屋さんへ行こう
幸せの新しいものさし
橘川幸夫さん
これから何が起こるのか?
ベストセラーには理由がある
LIFE-mag
同じカテゴリー(オススメ本)の記事
 コンテンツとコンテクスト (2011-04-25 08:04)
 ドケチ道 (2011-04-23 05:31)
 本屋さんへ行こう (2011-04-21 07:21)
 モノを買うことで人と人がつながる (2011-04-05 06:30)
 共同体 (2011-03-11 06:33)
 労働疎外論 (2010-12-23 07:46)

Posted by ニシダタクジ at 05:56│Comments(0)オススメ本
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。