2009年10月12日

うちのえほんや

西区DEアート最終日。
内野の町をめぐっていた。
たくさんのアート作品が
町を彩っていた。

そんな中でも
体中に電流が駆け抜けるほどの
感動があったのは
「うちのえほんや」


手書きうちのマップです・・・

このお店は内野の各商店の
物語をヒアリング後、絵本化したものです。
お菓子屋さんやお魚屋さんの物語を
知ることで、購買が変わっていくと思います。

あの人から買いたい。
それが購買動機になっていく。

うちのえほんやは
そんな心を育てる、
ステキなプロジェクトだと思います。

あの絵本を読んで、
たくさんのお店に行きたくなりましたよ。

僕の一番のお気に入りは


玉木表具店さんの切手手帳。
収集していた切手を
掛け軸のようにデザインして
手帳になっていました。

その色使いに、胸が高鳴りました。
うおおって声が出ちゃいました。

人間、本当に感動すると、声が出ますね。

アートとの出会い。
感性との出会い。
とてもステキな時間でした。


同じカテゴリー(書店)の記事画像
日本一小さな書店
同じカテゴリー(書店)の記事
 街と人生をつくる本屋さん (2011-02-26 08:10)
 オススメ本の会 (2011-01-15 07:22)
 伝説の本屋 (2009-09-07 05:56)
 日本一小さな書店 (2009-08-19 06:43)

Posted by ニシダタクジ at 06:58│Comments(0)書店
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。