2009年03月13日

スタイルを売る

本屋で待ち合わせをしていると、
ついつい本を買ってしまう。

一期一会。
まさにこの言葉が本との出会いにも
当てはまる。

僕が手にとってしまったのは、
「スティーブ・ジョブス~人を動かす神」
(竹内一正 リュウ・ブックス・アステ新書)
だった。

そこのi-podの話が
とても素晴らしく、つい買ってしまった。

i-pod。
2001年発売の携帯型音楽プレーヤー。
爆発的なヒットをした。

2003年。
i-podのヒットに触発され、
大手のメーカーが参入した。
アメリカトップのパソコンメーカー、デルだ。

発売したのは「デルDJ」
i-podよりも価格が安く、
バッテリーの充電稼働時間がi-podは8時間なのに対し、
「デルDJ」は倍の16時間である。

デルの副社長は発表会でi-podを皮肉って言った。
「1台のデバイス(i-podのこと)に数千曲も詰め込み、
持ち運びができるのは素敵なアイデアだ。
ただし、数時間ごとに充電が必要でなければね。」

デルの広報も言った。
「製品のスタイルも重要ですが、消費者にとっては、
価格と機能が一番重要なんです。」

結果。
どうだっただろう?
「デルDJ」は販売不振が続き、2006年に販売停止した。

人々は、
街のどこでも、数千曲の音楽を携帯して歩きたいのではなく、
i-podを持って歩きたかったのだ。

アップルが売っていたのは、
携帯型音楽プレーヤーではなく、
i-podというスタイルだった。

人々が求めているのは、
商品ではなく、スタイルなのだ。

だから。
提案すべきは、商品のスペックではなく、
買うことによるスタイルの変化だ。

これは農家ファンクラブプロジェクトにも当てはまる。
中原農園の野菜を買うというスタイル。
顔の見える野菜を買うというスタイルを
僕たちは売っていきたい。

それがオシャレでカッコイイ、スタイルなのだから。


同じカテゴリー(農の未来)の記事画像
高儀農場ファンクラブ!
贅沢な時間
マザーファーム
高儀農場収穫祭!
1歳稲刈り
稲刈り
同じカテゴリー(農の未来)の記事
 高儀農場ファンクラブ! (2011-04-10 05:40)
 文化・伝統というタスキ (2011-01-08 05:58)
 贅沢な時間 (2010-12-27 08:49)
 マザーファーム (2010-11-01 10:03)
 高儀農場収穫祭! (2010-10-10 06:25)
 1歳稲刈り (2010-09-26 14:22)

Posted by ニシダタクジ at 06:56│Comments(0)農の未来
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。