2009年01月29日

14歳の挑戦を大学生が支援する

今日は富山・高岡に泊まっています。
そんな中に情報が飛び込んで来ました。
われらが中村憲和先生より。
http://shingakunet.com/career-g/mmag/090128/108.html
(リクルート・キャリアガイダンス@メール)

富山大学の取り組みを読んで!
と言われて、読んでみる。
むむむ!!
こりゃ、すげー。
進んでいますね。

教員や受け入れ担当者はSNSで支援する
と書いてあります。

むむむ。
ウチもいいかもしれませんね。
SNSでの支援。
そういう使い方があったのか!
というより、これが本来のSNSの使い方かも。

そして、なんといっても目を引いたのは
大学生が14歳の挑戦を支援するということ。

「14歳の挑戦」とは、
富山県が全国に先駆けて行った
中学生向けの1週間の就業体験のことである。

これを、大学生が短期インターンシップ終了後、
「14歳の挑戦」の指導ボランティアをやるんだそうです。
そうすることでインターンシップを客観視することができ、
さらなる成長につながると述べています。

「キャリア教育」はそれぞれ各機関で行われ、
一定の成果を出していながら、横の連携はない。
それを大学がコーディネートして、横連携をつくっていく。

地元企業にとっても、
中学生にとっても、
大学生自身にとっても、大きな取り組みになると思った。

必要なのは、やっぱり「つなげる力」だ。


同じカテゴリー(地域の寺子屋)の記事画像
新潟日報に旭湯掲載!!
超おにごっこ
本日BSNで放映!だがしや楽校2010
駄菓子屋というコミュニティ機能
10月3日だがしや楽校
泥上げ
同じカテゴリー(地域の寺子屋)の記事
 新潟日報に旭湯掲載!! (2011-01-06 08:59)
 超おにごっこ (2010-11-10 06:39)
 「居場所」とは場所ではない (2010-11-05 05:21)
 提供側にまわるということ (2010-11-04 07:43)
 「共感」から出発する (2010-10-27 06:19)
 うちの再発見 (2010-10-21 06:52)

Posted by ニシダタクジ at 05:16│Comments(0)地域の寺子屋
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。