2008年12月31日

不安と希望と

不安と希望。
常に胸の中にあるふたつのもの。

100%不安なものや
100%希望だけのものもない。
すべてがその2つのバランスによって成り立っている。
不安と希望に揺れながら進んでいけばいいと思う。

いま。
まきどき村から10年が過ぎ、
新たな事業展開が数多く見えている。

それをどこまでやれるのか。
今の体制で大丈夫なのか?
非営利事業と営利事業のバランスはどうか?
そこに手を出すと、やめられなくなるのでは?

という不安が山のようにあり、怖くなる。
でも。

一番大切なのは、「描く」ということ。
「描いて、進む」ということ。

3年後。
どうなっていたいのか?
どんな社会を実現したいのか?
そのためにどんな事業が必要とされるのか?

その絵を、描くことが今年秋からの宿題だった。
見えてきた、大きな絵。

あとはひとつひとつの絵の具や筆を大切にして、
細部からていねいに絵を描いていこうと思う。

God is in the details.
神は細部に宿る。


同じカテゴリー(日記)の記事画像
さいたにや
浜メグリ
パラダイム・シフト
カーブドッチマルシェ
肉屋と思い出
火起師
同じカテゴリー(日記)の記事
 更新情報 (2014-06-18 07:12)
 ブログ移行 (2011-05-01 21:23)
 さいたにや (2011-04-28 06:24)
 浜メグリ (2011-04-18 06:08)
 パラダイム・シフト (2011-04-16 06:33)
 模倣困難性という強み (2011-04-12 06:44)

Posted by ニシダタクジ at 06:10│Comments(0)日記
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。