2011年02月11日

まちを学校にする

学校をつくりたい、から
まちを学校にする。

そんなことを言っていたのは
2004年だった。

吉田松陰先生の
野山獄のエピソード。

獄中で、となりの人に
書道が上手い人には教えてもらったり、
難しい本を読んでいる人にはその内容を聞いたり。

獄中でさえ、学び舎に
変えることができる。

その事実に、衝撃を受け、
それを実現するべく動き出した
吉田松陰プロジェクト。

構想はその後、
だがしや楽校、シブヤ大学などの
事例を経て、現在は
中高生のための大学構想となっている。

昨日の夜。
笹川さんからのメッセージに
ふたたび熱くなる。

熊本でマチナカレッジ。
http://machikare.net/index.html

商店をフィールドに学びの場をつくっている。
そうそう。
こういうの。

それを小学校~高校生に特化した
カタチでやれたらいいと思う。
それを大学生が支援するような仕組みづくり。

それを今年、笹川さんと仕掛けられるのかも。

内野のまちを語るワークショップ
本日13:00~16:00内野四つ角秘密基地にて。

18:00~20:00
内野の物産で飲もう!
の会です。

お待ちしています。


同じカテゴリー(NPO)の記事画像
タコつぼを破壊する
支援をする側、受ける側の壁を超えて
駅伝のようなまちづくり
新年会
エブリタイガー祭り
本日付新潟日報11面
同じカテゴリー(NPO)の記事
 立ち位置を知る (2011-03-31 06:39)
 計画停電 (2011-03-16 06:25)
 SRI=社会責任投資 (2011-03-01 05:54)
 政策をつくる (2011-02-20 09:07)
 「調査」で世界は変えられる (2011-02-17 07:14)
 ファンドレイジングという仕事 (2011-02-10 12:27)

Posted by ニシダタクジ at 06:32│Comments(0)NPO
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。