2011年02月05日

目的は何か?

本日。
会津でのジュニエコサミットに
行ってくる。

会津若松の商工会議所青年部が
取り組む、小学生のためのプログラム
ジュニエコ。

小学校5,6年生が半年間かけて、
屋台での出店を行うプログラム。
それを商工会青年部の会員が
全力でサポートする。

その目的は何か?
小学生に対し、ビジネスを体感させるのか?
それとも地域の人たちが一堂に集まり、
子どものためにがんばることで、
地域の結束が高まるのか?

おそらくは後者が第一目的なのだろうと思う。

きっと、少年野球やサッカーのように、
商売体験プログラムが起こり、
結果、地域の人たちが顔見知りになり、
子どもが育つ環境がよくなる、
そういうサイクルなのではないかな。

人と人とのつながり。
玄田さん風に言えば、
「ウィークタイズ」を手に入れるような取り組み、
それが教育と商店街のマッチングなのだと思う。

いろいろ学んできます。
よろしくお願いします。


同じカテゴリー(教育の未来)の記事画像
タダゼミとタイガーマスク
同じカテゴリー(教育の未来)の記事
 学びあう、という希望 (2011-04-20 04:59)
 フォルケホイスコーレ (2011-03-10 06:55)
 「場」をつくる、という価値 (2011-03-09 07:24)
 受験 (2011-03-05 07:04)
 高橋さん (2011-02-07 06:51)
 タダゼミとタイガーマスク (2011-01-13 09:20)

Posted by ニシダタクジ at 07:13│Comments(0)教育の未来
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。