2011年01月19日

のとがたり~能登剛史物語 最終章

最終章:原点は、子供たちのため

それまでの新潟総おどりは、企業からの寄付などで運営していた。
しかし、と能登は思う。
これじゃ、地域を変えられない。
地域の誰もが支えられる仕組みじゃないと。

そこで生まれたアイディアがあった。
1回の総踊り祭りに必要な資金は、約3000万円。
その活動資金を、正社員の大人ではなく
地域の学生が、地域の企業や商店街を回って集めて来るのだ。
総おどりに懸ける思いを語り、「私たちに手を貸して下さい!」と呼びかける。
それに応える人々の手で、新潟総おどりをやろう。

もうひとつのアイディアは、地域の子供たちのための活動。
『レインボーチルドレンプロジェクト』と言う名のそれは、
内容にこれといって枠や規定はない。
テーマは、子供たちの将来にとって良いものなら何でもアリ。
ここでも、プロジェクトの企画を作り、運営資金を集めるのは学生だ。

子供たちに野菜を育てる体験をさせよう。
環境について考えるワークショップを作ろう。

学生の考えるアイディアが、
次々とサイトで生まれ、現実のものへとなっていく。
それは、どれも子供たちの将来を明るく豊かなものにしていくものばかり。

新潟総おどりを始める原点となった、ひとつの思い。

「思えば夢がかなう、応援してもらえる。
おいしい空気に、豊かな自然があるといい。
子供たちの将来に、そんな地域があってほしい。
だから僕は、踊りを通して地域を良くしていきたい。」

そんな彼の願いは、もはや能登剛史ひとりのものではなくなった。
たった3人から始まった新潟総おどりは
今や多くの人々を巻き込んで、多くの人々の生き方を変えている。
『地域を、社会を変えたい』
その思いは、今もたくさんの人の手で広がり続けている。

「のとがたり」了
(作:石橋妃奈子・・・ヒーローズファーム第6期起業家留学生)

そんな能登さんに直に話が聞ける起業家留学フェアが
22日に開催されます。

1月22日(土)
13:00~18:00(18:00~20:00は交流会)

新潟市生涯学習センタークロスパル402にて、
「起業家留学フェア」が開催されます。

「起業家留学」は、
問題意識の高い大学生が、
新潟の先進企業・社長とパートナーシップを組み、
社会課題解決ビジネス=ソーシャルビジネス
の立ち上げに7ヶ月間チャレンジするプロジェクトです。

今回の「起業家留学フェア」は、
その「お見合い」の場です。

企業・社長は大学生と出会い、
大学生は企業やプロジェクトに出会います。
お互いがプロ野球のドラフト会議をしているようです。

企業のプレゼンテーション、
ブースでの意見交換など、
新潟の最先端のソーシャルビジネス立ち上げの
現場がここにあります。

18:00からはクロスパル調理実習室で
簡単な交流会を予定しています。
(交流会は参加費500円かかります)

活躍する社長、活躍する大学生と
出会えるチャンス。

参加申し込みは
info@herosfarm.net
に氏名、大学名、学部、学年、TEL、メールアドレスを
書いて送って下さい。
※件名に「0122 フェア参加」と書いてください。

社長と仲間にあなたの問題意識をぶつけてください。
参加、お待ちしています。


同じカテゴリー(起業家留学)の記事画像
ピア万代で「食」文化発信!
貢献意識
加茂留学~新潟日報掲載
価値はどのように生まれるか?
はぁーとふる荒谷
中越留学
同じカテゴリー(起業家留学)の記事
 ピア万代で「食」文化発信! (2011-02-23 08:32)
 運命のひとりに出会う就活 (2011-02-18 08:41)
 即戦力とは、起業家精神が高いということ (2011-02-15 08:01)
 19日、東京で会いましょう (2011-02-03 07:00)
 貢献意識 (2011-01-23 08:49)
 起業家精神 (2011-01-22 07:24)

Posted by ニシダタクジ at 09:45│Comments(0)起業家留学
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。