2011年01月18日

のとがたり~能登剛史物語 第3章

第3章:誰かの生き方を変えること

参加する踊り子も観客も、年を追うごとに増えていった。
にいがた総おどりがついに軌道に乗り始めた。

そんな或る年の祭りでのことだ。
撤収作業をする能登に、見知らぬ男性が泣きながら駆け寄ってきた。

「あなたは、何ということをしてくれたんだ!」

能登の前に来るなり、男性はそう怒鳴った。
何のことだか分からない。
話を聞くと、男性は半身不随の娘を持つ父親であった。

彼の娘は交通事故で身体が不自由になって以来、
自殺することばかり考えていたと言う。
両親が気晴らしにといろいろな所へ連れ出しても、
一向に心を閉ざしていた。

しかし総踊りを目にした途端、彼女の顔が変わった。
「もう帰ろうか?」と尋ねる母親の声を断った。
祭りの終演まで、彼女はその場から動かなかった。

「お母さん。私、生きたい。」
娘の言葉を聞いた瞬間、母親はその場に泣き崩れた。
そして父親は、たまらず主催者である能登の元へ走った。

それだけではない。
祭りの後から彼女は再び『生きること』を始めた。
辛いリハビリにも耐えた。
そして数年後、彼女はにいがた総おどりの舞台の上に立った。

10年前に高知の踊りを目にした能登が人生を変えられたように、
自分の創り上げた祭りが、誰かの生き方を変える。
それだけの力が、にいがた総おどりにはある。

良かった。
総おどりに人生を懸けて本当に良かった。

「ありがとう、ありがとう。」
父親は何度も繰り返す。
その言葉の重さに、涙がこぼれた。

・・・明日につづく
(作:石橋妃奈子・・・ヒーローズファーム第6期起業家留学生)

そんな能登剛史さんの想いに触れる
起業家留学フェアが開催されます。

1月22日(土)
13:00~18:00(18:00~20:00は交流会)

新潟市生涯学習センタークロスパル402にて、
「起業家留学フェア」が開催されます。

「起業家留学」は、
問題意識の高い大学生が、
新潟の先進企業・社長とパートナーシップを組み、
社会課題解決ビジネス=ソーシャルビジネス
の立ち上げに7ヶ月間チャレンジするプロジェクトです。

今回の「起業家留学フェア」は、
その「お見合い」の場です。

企業・社長は大学生と出会い、
大学生は企業やプロジェクトに出会います。
お互いがプロ野球のドラフト会議をしているようです。

企業のプレゼンテーション、
ブースでの意見交換など、
新潟の最先端のソーシャルビジネス立ち上げの
現場がここにあります。

18:00からはクロスパル調理実習室で
簡単な交流会を予定しています。
(交流会は参加費500円かかります)

活躍する社長、活躍する大学生と
出会えるチャンス。

参加申し込みは
info@herosfarm.net
に氏名、大学名、学部、学年、TEL、メールアドレスを
書いて送って下さい。
※件名に「0122 フェア参加」と書いてください。

社長と仲間にあなたの問題意識をぶつけてください。
参加、お待ちしています。


同じカテゴリー(起業家留学)の記事画像
ピア万代で「食」文化発信!
貢献意識
加茂留学~新潟日報掲載
価値はどのように生まれるか?
はぁーとふる荒谷
中越留学
同じカテゴリー(起業家留学)の記事
 ピア万代で「食」文化発信! (2011-02-23 08:32)
 運命のひとりに出会う就活 (2011-02-18 08:41)
 即戦力とは、起業家精神が高いということ (2011-02-15 08:01)
 19日、東京で会いましょう (2011-02-03 07:00)
 貢献意識 (2011-01-23 08:49)
 起業家精神 (2011-01-22 07:24)

Posted by ニシダタクジ at 06:49│Comments(0)起業家留学
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。