2011年01月16日

のとがたり~能登剛史物語 第1章

踊りには心を動かす力がある。
アートとは、生きる力だ。

世の中をより良く変えたい。
そのスタート地点は、新潟だ。
その思いが、能登剛史に「にいがた総おどり」を創らせた。

第1章:宝石屋から無一文へ

能登剛史は宝石屋だった。
それも年商1000万、敏腕の販売員だった。
家族に囲まれ、忙しいながらも不自由のない生活だった。

彼の人生が一転したのは、今から10年前のこと。
自身が参画した芸術イベントで、
高知からの参加者の踊りを目にした時だった。

金色に髪を染めた中学生が髪を振り乱して舞い踊る。
踊りの最後には、見物客までもが見様見真似で踊りの輪の中に入っていく。

子供をおぶったお母さん。
年を取ったおじいさん。
ヒップホップ風の若者。
踊りの後には、初対面だったはずの彼らが握手やハグをしている。
会場は熱い一体感と笑顔が溢れていた。

「これだ。これが何か社会を変えるかもしれない!!」

その頃は、
正しいと思われてきたもの、安心安全だったはずのものが
次々と壊れてきていた時代だった。
ニュースでは親が子を殺す、子が親を殺すと言った、
凄惨な事件が毎日のように報じられていた。

そんな不安に満ちた社会の中で、
老若男女が笑顔で抱き合い、讃え合っている。

この光景は、何だ?
踊りにはこんな力があるのか?

踊りを通して、世の中を変えられたら―――
子供たちに、不安な将来ではなく明るい未来を作ってやりたい。

そうだ、こんな踊りの祭りを創ろう。
みんなが笑顔や感動に囲まれて過ごせるように。
そのためなら、人生を投げ打ってもいい。

イベントを終えてすぐ、能登剛史は宝石屋を辞めた。

・・・明日につづく
(作:石橋妃奈子・・・ヒーローズファーム第6期起業家留学生)

そんな能登剛史さんが22日の起業家留学フェアに登場します。
能登さんの志に触れて、人生という航海の針路を考えてみないか?

1月22日(土)
13:00~18:00(18:00~20:00は交流会)

新潟市生涯学習センタークロスパル402にて、
「起業家留学フェア」が開催されます。

「起業家留学」は、
問題意識の高い大学生が、
新潟の先進企業・社長とパートナーシップを組み、
社会課題解決ビジネス=ソーシャルビジネス
の立ち上げに7ヶ月間チャレンジするプロジェクトです。

今回の「起業家留学フェア」は、
その「お見合い」の場です。

企業・社長は大学生と出会い、
大学生は企業やプロジェクトに出会います。
お互いがプロ野球のドラフト会議をしているようです。

企業のプレゼンテーション、
ブースでの意見交換など、
新潟の最先端のソーシャルビジネス立ち上げの
現場がここにあります。

18:00からはクロスパル調理実習室で
簡単な交流会を予定しています。
(交流会は参加費500円かかります)

活躍する社長、活躍する大学生と
出会えるチャンス。

参加申し込みは
info@herosfarm.net
に氏名、大学名、学部、学年、TEL、メールアドレスを
書いて送って下さい。
※件名に「0122 フェア参加」と書いてください。

社長と仲間にあなたの問題意識をぶつけてください。
参加、お待ちしています。


同じカテゴリー(起業家留学)の記事画像
ピア万代で「食」文化発信!
貢献意識
加茂留学~新潟日報掲載
価値はどのように生まれるか?
はぁーとふる荒谷
中越留学
同じカテゴリー(起業家留学)の記事
 ピア万代で「食」文化発信! (2011-02-23 08:32)
 運命のひとりに出会う就活 (2011-02-18 08:41)
 即戦力とは、起業家精神が高いということ (2011-02-15 08:01)
 19日、東京で会いましょう (2011-02-03 07:00)
 貢献意識 (2011-01-23 08:49)
 起業家精神 (2011-01-22 07:24)

Posted by ニシダタクジ at 07:23│Comments(0)起業家留学
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。