2011年01月07日

コラボの未来

「コラボレーション」

という言葉が、
2者間の関係性を表すことは
もはや、なくなっていく。

そんな予感がする。

少なくとも3者。
4者、5者と巻き込み、
起こっていくもの。

これがこれからの10年のコラボレーションではないか。

企業が他の企業と組んで、
商品開発をしたり、

行政がNPOを一緒になって、
何か新しい住民サービスを始めたり、

大学生が地域に出かけていって、
町のお祭に参加したり。

それだけでは物足りなくなってくる。

つまり。
win-winでは、物足りなくなってくる。

これからの10年は、
企業、行政、NPO、大学生、高校生が
垣根を超えて、3者以上のコラボレーションを
生んでいく10年。

「社会をよりよくしたい」
そんな志を元に集まった個人が、
コラボの原動力となり、
様々な事業を起こしていく。

それぞれが強みを活かし、
足りないものを補い合い、
ひとつの志の下に集まってくる。

そんな場をコーディネートすること。
それを、誰かがやらなければいけない。
そんな勘違いが僕の中にある。

「行政協働フォーラム」というイベントがあったとして、
集まるのはそのセクションにいる行政と
NPOセクターと一部のアンテナの高い大学生だけだ。

そうじゃない。
ひとりひとりが想いを重ね、
共感ベースで新しい事業を生んでいく場を作る必要がある。

12日、19日の「社会事業創造ワークショップ」
今はまだ、企業と大学生、一部のNPOしかいないかもしれないけど、
そののちに、このワークショップが
3者以上のコラボを生んでいく場でありたい。

新潟の田舎の地域の魅力再発見を
不登校の中学生と教育を志す大学生、
流通業の企業社員が一緒になって取り組み、
新商品を生んでいくような、
そんなコラボレーションが生まれていく場をこれから創ります。

~~~以下告知

★人のためになる仕事がしたい★
★仕事で「社会貢献」したい★
★困っている人を助けたい★
★世界のため、新潟のために何かしたい★

そんな大学生に贈る
「社会事業創造ワークショップ」

1月12日(水)、19日(水)18:30~21:00
@新潟駅南口ときめいと(新潟駅直結PLAKA1)
2週連続で行われるワークショップ
参加無料。

テーマは
●国際貢献
●環境
●教育・福祉
●地域活性化
●食と農業
の5つ

これをテーマに、新潟の企業経営者とガチンコトークをすることで、
新しい事業アイデアを生んでいくこと、
それが企業にとっての新しい事業展開につながります。

お困りごとを解決し、新潟を元気にする新しい事業を
本気で実現させてみませんか?

1月12日(水)
18:30 開始
18:45 お困りごと発見ワークショップ
20:30 資源発掘シートの発表

1月19日(水)
18:30 開始
19:00 課題発表
19:30 ブラッシュアップ
20:15 プラン発表

申し込みは
info@herosfarm.net
に氏名、大学名、学部、学年、TEL、メールアドレスを
書いて送って下さい。

「新潟を面白くしたい」そんな熱い友人がいたら、ぜひ誘ってみてください。


同じカテゴリー(NPO)の記事画像
タコつぼを破壊する
支援をする側、受ける側の壁を超えて
駅伝のようなまちづくり
新年会
エブリタイガー祭り
本日付新潟日報11面
同じカテゴリー(NPO)の記事
 立ち位置を知る (2011-03-31 06:39)
 計画停電 (2011-03-16 06:25)
 SRI=社会責任投資 (2011-03-01 05:54)
 政策をつくる (2011-02-20 09:07)
 「調査」で世界は変えられる (2011-02-17 07:14)
 まちを学校にする (2011-02-11 06:32)

Posted by ニシダタクジ at 04:48│Comments(0)NPO
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。