2010年12月11日

こどものころにあったもの

「キャリア教育-自立していく子どもたち」(渡辺三枝子 東京書籍)
の中で、興味深いワークシートがある。

大人向けの2つの質問
「みなさんが子ども時代にあったもので、いまなくなっているものを
思いつく限り列挙してください。それによって、
いまの子どもたちが経験できなくなっているものはありますか?」

「みなさんの子ども時代になかったもので、いまの子どもたちが
日常的に接しているものをいくつでも列挙してください。
それによって、いまの子どもたちが経験できなくなっていることはありますか?」

この2つの質問を考えると、
改めて、子どもが育つ環境というのは
大きく変わってきている。

・核家族化
・孤立化
・情報機器の発達
・肉体的成熟と精神成熟のアンバランス。

などが挙げられている。

「コミュニケーション機会」
この圧倒的な減少をあらためて実感する。

単純に昔はよかった、ということではなく、
いちど、一段高い視点で、これを考えてみる。

キャリアはどう形成されていくか?
激変の時代のいま、もういちど問い直す必要がある。


同じカテゴリー(教育の未来)の記事画像
タダゼミとタイガーマスク
同じカテゴリー(教育の未来)の記事
 学びあう、という希望 (2011-04-20 04:59)
 フォルケホイスコーレ (2011-03-10 06:55)
 「場」をつくる、という価値 (2011-03-09 07:24)
 受験 (2011-03-05 07:04)
 高橋さん (2011-02-07 06:51)
 目的は何か? (2011-02-05 07:13)

Posted by ニシダタクジ at 08:15│Comments(0)教育の未来
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。