2010年12月10日

山ガール、歴女、パワースポット・・・

山ガール、歴女、パワースポット・・・

最近のブームになっている
ひとり女子の行き先。

ここにも。
「自分が何者なのか、知りたい」
という根源的な欲求があるように思う。

民間教育機関(塾、NPO)などの
経営者に、山登りが趣味の人が多いことに
気がつく。

山登りとは、「自問自答」の場であると僕は思う。
永遠と続く自分との対話がそこにある。

歴史。
神社。
自分のルーツがどこにあるのか?

それによって、自分を深めるという
ことを目的としているのではないか。

世の中がこれまで信じてきた
価値観が一気に崩壊しているという音を感じると、
ミカ・ユニバーサルデザインオフィス代表、
NPO法人まちづくり学校・校長の長谷川さんと語る。

十数年前。
世紀末に感じていた、あの感覚。
世の中が変わりつつあるという予感。

それが10年を経て、
現実のものになっているという実感がある。

いま。
まさに、いま。

確かに歴史の分岐点に立っている。
その中でどんな役割を天は自分に与えたのだろう?


同じカテゴリー(日記)の記事画像
さいたにや
浜メグリ
パラダイム・シフト
カーブドッチマルシェ
肉屋と思い出
火起師
同じカテゴリー(日記)の記事
 更新情報 (2014-06-18 07:12)
 ブログ移行 (2011-05-01 21:23)
 さいたにや (2011-04-28 06:24)
 浜メグリ (2011-04-18 06:08)
 パラダイム・シフト (2011-04-16 06:33)
 模倣困難性という強み (2011-04-12 06:44)

Posted by ニシダタクジ at 07:39│Comments(0)日記
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。