2010年11月12日

リーダーとしての道

「国をつくるという仕事」(西水美恵子 英治出版)
の解説を田坂広志さんが書いている。

その中の一節。

~~~ここから引用

世に真のリーダーが生まれてくるのは、
野心でも、競争でもなく、
訓練でも、教育でもない。

人生における、人との出会い。
そこに生まれる、深い共感。
その共感によって、定まる思い。
その思いに駆られるように、歩む道。
その道を歩むことで与えられる、人間としての成長。
気がつけば歩んでいる、リーダーとしての道。

それが真実ではないか。
すべては、人間への深い共感、人々への深い共感から
始まるのではないのか。

~~~ここまで

まずは「共感」の舞台をプロデュースすること。
そこから次世代のリーダーが生まれてくるはずだ。


同じカテゴリー(オススメ本)の記事画像
本屋さんへ行こう
幸せの新しいものさし
橘川幸夫さん
これから何が起こるのか?
ベストセラーには理由がある
LIFE-mag
同じカテゴリー(オススメ本)の記事
 コンテンツとコンテクスト (2011-04-25 08:04)
 ドケチ道 (2011-04-23 05:31)
 本屋さんへ行こう (2011-04-21 07:21)
 モノを買うことで人と人がつながる (2011-04-05 06:30)
 共同体 (2011-03-11 06:33)
 労働疎外論 (2010-12-23 07:46)

Posted by ニシダタクジ at 07:55│Comments(0)オススメ本
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。