2010年10月26日

地域課題を解決するコラボレーション

沼垂商店街に
「やさい村・よりどころ」がある。

NPO法人伴走舎と
株式会社健幸食品の
コラボ店舗。

ひきこもり・ニートと称される
若者が野菜の宅配をしたり、
障子の張替えなんかを頼まれて
やっているそうだ。

社会と彼らをつなぐ場。
それが「やさい村・よりどころ」
となっている。

そんなコラボレーションを
意図的に生んでいくことは出来ないだろうか?

「うちも余裕があったら、社会貢献事業をやるんだけど」

その順番ではなく、
社会貢献事業を本業を通じて、コラボでやる。
そんな新潟地域の協働の場の設計ができないだろうか。
村上のようなコミュニティビジネスの先進地事例もある。

なんとかして、意図的に
社会貢献事業を生んでいく仕組みを創りたい。


同じカテゴリー(NPO)の記事画像
タコつぼを破壊する
支援をする側、受ける側の壁を超えて
駅伝のようなまちづくり
新年会
エブリタイガー祭り
本日付新潟日報11面
同じカテゴリー(NPO)の記事
 立ち位置を知る (2011-03-31 06:39)
 計画停電 (2011-03-16 06:25)
 SRI=社会責任投資 (2011-03-01 05:54)
 政策をつくる (2011-02-20 09:07)
 「調査」で世界は変えられる (2011-02-17 07:14)
 まちを学校にする (2011-02-11 06:32)

Posted by ニシダタクジ at 07:11│Comments(0)NPO
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。