2008年09月24日

「農」への想い

昨日の日経流通新聞の1面を
「セブン&アイ」農業参入へ
という記事が飾っていた。

大手企業の農業への参入が続いている。
野菜は「買うもの」から「作るもの」
に少しずつシフトしているのかもしれない。

いや。
ギャザリング中に聞いたトヨタの話を思い出す。

トヨタが滋賀県に
どんどん工場を建設している。
また、今後も建設していく予定らしい。

昨年の中越沖地震のとき、
柏崎の小さな工場がストップしたおかげで、
自動車生産が大きく滞るという事態になった。

地震というのは、この国では
いつ、どこで起こるかわからない。
そのためのリスクを減らしていくこと。
それが40年先を見た企業の経営だという。

だとすれば。
大企業が農業に手を出し始めた理由は、
食糧危機、日本に輸入農産物が入ってこない日が
迫っているからなのかもしれない。

1994年。農学部入学。
僕のテーマは農業、そして食糧だった。
中国が経済発展し、食糧の輸出国から輸入国に
なったとき、食糧危機が顕在化する。

そんなことに危機を感じていた。
「農」に関する仕事をしたいと思っていた。
「農家民宿」「農家レストラン」を志し、
カフェで5ヶ月バイトをしたこともあった。

いま。
予想された未来が現実になっている。

「農」の感動をひとりでも多くの人に伝えたい!
そう思ってまきどき村を始めた10年前。

いま。
ふたたび「農」から「農業」の世界に
関わることになりつつある。

歴史は、未来につながっている。
夢中でやっていたことが、つながってくる。

「農」をどうしたいのか。
どうなったら最高の未来なのか。
子どもたちに伝えたいことはなにか。

ひとつひとつていねいに刻んでいこう。


同じカテゴリー(日記)の記事画像
さいたにや
浜メグリ
パラダイム・シフト
カーブドッチマルシェ
肉屋と思い出
火起師
同じカテゴリー(日記)の記事
 更新情報 (2014-06-18 07:12)
 ブログ移行 (2011-05-01 21:23)
 さいたにや (2011-04-28 06:24)
 浜メグリ (2011-04-18 06:08)
 パラダイム・シフト (2011-04-16 06:33)
 模倣困難性という強み (2011-04-12 06:44)

Posted by ニシダタクジ at 03:53│Comments(0)日記
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。