2008年09月21日

世界はもっと広い

長期実践型インターンシップと大学をつないでいる、
高知大学の池田先生の分科会に参加した。
大学関係者や横浜市の職員の方、そして全国で
コンサルタントとして活躍しながら琉球大学でも教えている木島さん。

感想は
おれって視野がまだまだ狭いな~って思った。

人口流出
離職率
不登校
その現象自体はいいものでも悪いものでもないのではないか。

人口流出する。
新潟から若者がいなくなったらたいへんだ。
東京の大学に行かないように、
東京に就職しないように、どうしたらいいんだ?

就職先を新潟にもいっぱい作ろう。
給料をたくさんもらえる職場を新潟にもつくろう。

本当にそれで根本的解決になるのだろうか。
なぜ東京に行くのか?
新潟だと食べていかれないから、なんて人はあまりいないだろう。
挑戦したいから東京に行く。
それは別に悪いことではないのではないか。

「新潟から出て行くの、めんどうだよ。実家だったらご飯準備しなくていいし。」
なんて若者が街にあふれていたら、
人口が流出しなくても、まちの活気はないだろう。

やる気のある、熱意のある若者がいかに残るか。
そして残らなかったとしても5年後、10年後、ふたたび
新潟に帰ってくるか。

人口が流出しないことが目的ではなく、
新潟の経済活性化、やる気の活性化が重要なんだとしたら、
起業家留学は
「新潟にも挑戦の舞台がある」ということを伝えることにおいて
ひとつの解決策を示しているのではないだろうか。

視野を広く、そして遠く。
そんな視野をもてる人になる必要がある。


同じカテゴリー(NPO)の記事画像
タコつぼを破壊する
支援をする側、受ける側の壁を超えて
駅伝のようなまちづくり
新年会
エブリタイガー祭り
本日付新潟日報11面
同じカテゴリー(NPO)の記事
 立ち位置を知る (2011-03-31 06:39)
 計画停電 (2011-03-16 06:25)
 SRI=社会責任投資 (2011-03-01 05:54)
 政策をつくる (2011-02-20 09:07)
 「調査」で世界は変えられる (2011-02-17 07:14)
 まちを学校にする (2011-02-11 06:32)

Posted by ニシダタクジ at 06:23│Comments(0)NPO
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。