2010年10月12日

コミュニケーション難民

仙台。
オータムセミナー。
100名を超える市民講師が集まり、
大学生、高校生にメッセージを届ける。

株式会社デュナミスが
コーディネートした長期インターンの
三陸おさかな倶楽部の
講座にいってきました。

買い物難民をどうにかしたい!
そう思って自転車で
回った佐々木くん。

いつのまにか。
お客さんとおばあちゃんと孫の関係になった。

驚いたことに
就職が決まった佐々木くんに、
ネクタイやお祝い金までいただくようになったという。

そう。
おばあちゃんは話し相手がほしかった。

それを魚を買うことで、
佐々木くんが来てくれる。

佐々木くんは言う。
「買い物難民はいなかった」

いま。
インターネットや宅配システム(生協など)が
発達し、買い物に困るということはなくなった。

それでも、佐々木くんの魚は売れ続けた。

ばあちゃんたちは買い物難民ではなく、
コミュニケーション難民だったのだ。

誰かと話したい。
そんなばあちゃんたちに応えたのが
お魚宅配事業だった。

非常にインスピレーションの多い時間でした。
ありがとうございました。


同じカテゴリー(地域の寺子屋)の記事画像
新潟日報に旭湯掲載!!
超おにごっこ
本日BSNで放映!だがしや楽校2010
駄菓子屋というコミュニティ機能
10月3日だがしや楽校
泥上げ
同じカテゴリー(地域の寺子屋)の記事
 新潟日報に旭湯掲載!! (2011-01-06 08:59)
 超おにごっこ (2010-11-10 06:39)
 「居場所」とは場所ではない (2010-11-05 05:21)
 提供側にまわるということ (2010-11-04 07:43)
 「共感」から出発する (2010-10-27 06:19)
 うちの再発見 (2010-10-21 06:52)

Posted by ニシダタクジ at 07:26│Comments(0)地域の寺子屋
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。