スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2011年02月15日

即戦力とは、起業家精神が高いということ

「世の中を変えていく」
とは、具体的になんだろうか?

政治家になって制度をかえていくことか。
行政マンとして、制度を運用していくことか。
それとも民間事業者として、ソーシャルビジネスを起こしていくことか。
あるいは、目の前のひとりを幸せにすることの継続なのか。

僕は究極的には一番最後の
「目の前のひとりを笑顔にしていく」
この積み重ねであるとは思うのだけど。

「世の中を変えていく」目的は、
ひとりひとりを笑顔にするためだとしたら、

社会課題、地域課題を仕組みとしてクリアしていく
その面では、行政の仕事と、民間事業者の仕事は、
大きくリンクしてくる。

「起業家留学」は
社会課題・地域課題に一石を投じる
民間のプロジェクトにプロジェクトスタッフとして
入り込むちょっと変わった「留学」だ。

「留学」とは文字通り
留まって学ぶということ。

学ぶのは、「起業の仕方」や「社長の仕事」ではない。
「起業家精神」そのものだ。

目の前の課題・問題に対して、
自分のこととして受け止め、
その解決に全力を尽くしていくこと。

最初の志を胸に、
あきらめないで、最後までやりぬくこと。

その「起業家精神」を身につけることで、
あなたが仮に行政マン(公務員)になったとしても、
大企業の社員になったとしても、
あとできちんと効いてくる。

「自ら考え、行動し、問題の解決へ向かう」
つまり、
「社会課題・地域課題を自ら見つけ、解決する仕組みを生み出すために、アクションする」

これは、どんな組織に入ったとしても
非常に重要なマインドだ。
県内地方銀行に入社した2年目のHくんは
今でも、組織を活性化していくか?を考え、
自ら提案を行っている。

即戦力とは、起業家精神が高い、
というのと同義語だと僕は思う。

自分で考え、行動する。
それが社会の課題を解決し、
ひとりでも多くの人が笑顔になっていく。

そんなことを毎日実感する仕事を
手がけている未来を、大学生には描いて欲しいと思う。

「起業家留学」とは、
起業家精神を持った若者、
言わば未来創造型人材を多数輩出するために、
「地域」や「企業」というフィールドを活用した
社会事業創造プログラムだ。

この春からも
魅力的な6プロジェクトが動き出す。

3月だけの1ヶ月限定で
ビジネスプラン作りを行う
「経営企画室インターンシップ」も開催。

あなたも、「起業家精神」の扉を開けないか?

2月26日(土)13:30~18:00
ソーシャルプロジェクトフェア2011春
「就活」の仕組みを変えたいと起業した
「就活廃止論」の佐藤孝治さんをゲストに向かえ、
新潟を熱く盛り上げていきます。

2月15日17日22日24日18:00~@内野駅前で
事前説明会やってます。

問い合わせ・申し込みは
info@herosfarm.net
西田まで。  


Posted by ニシダタクジ at 08:01Comments(0)起業家留学