スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2010年11月06日

地域再生の罠

昨日、北書店で飛び込んできた本。

地域再生の罠(久繁哲之介 ちくま新書)

あるある。
という感じの「地域再生」施策
が一刀両断。

アルビレックス新潟は
数少ない成功事例として載っていました。
地域につながりと誇りを取り戻した。

この本の中で
「7つの提言」が掲げられているが、

そのうちの
「経済利益より人との交流」
「市民の地域愛」
「交流を促すスローフード」

など、
ヒットすること多数。

まだ読み始めですが、
非常に楽しみな本です。  


Posted by ニシダタクジ at 06:59Comments(0)オススメ本

2010年11月05日

「居場所」とは場所ではない

頼れる館長、松崎さんに
「ビジョンクエスト」
をしていただきました。

15歳が自分と社会の未来創造へ歩き出している
地域社会の実現。

「居場所」がない。
とよく言われる。

学校と家庭の往復だけで
両方に居場所がなかったら、つらいだろう。

では。
その居場所はどうやって作ったらいいのか。

駄菓子屋?
たこ焼き屋?
コンビニでもいいの?

ハッとした。

居場所はどうやったら作れるのか。

それは、「いっしょに何かをつくる」ということ。

その「何か」とは、
強いバスケットチームかもしれないし、
学校の文化祭や近所のお祭かもしれないし、
丘の上の秘密基地かもしれない。

そうか。

「居場所がない」のではなく、
「いっしょに何かをつくる」機会がないということか。

居場所がある、とはそういう関係性のある状態のことを
言うではないだろうか。
子ども同士でも
大人と子どもの関係でも同じだ。

「いっしょに何かをつくる」

そんな機会があれば、
まちのなかに居場所が無限に出来ていく。

松崎さん、ありがとうございました。
素晴らしい気づきがありました。  


Posted by ニシダタクジ at 05:21Comments(0)地域の寺子屋

2010年11月04日

提供側にまわるということ

「地域の教育力」が叫ばれている。

それは単に
子どもたちに地域の大人との
触れ合う場を提供することなのか?
と問いが生まれた。

ゲーム世代。
ケータイ世代。

他人とコミュニケーションする
機会が明らかに少ない。

だから遊び場をつくろう。
それで、多くの大人と触れ合えるようにしよう。
それだけで、足りるのか?

「提供側にまわる」ということ。
そこが大切なように思う。

だがしや楽校で店を出してみる。
会津のジュニエコで、食べ物屋台を出してみる。
農家にインタビューして八百屋で野菜を売ってみる。

「提供側の視点」

これをいつ、身につけられるか?
もちろんアルバイトで、接客業などを
経験すれば、つくのだろうが。

小学校で、そのような視点を
手に入れると、世の中が変わってくる気がする。

そんなことが経験できる場を
地域は作っていったらいいのではないだろうか?  


Posted by ニシダタクジ at 07:43Comments(0)地域の寺子屋

2010年11月03日

1次産業と観光

「鶴の友」の樋木酒造、樋木さん
にお話を伺いました。

県が力を入れている越後杉は、
吉野杉に匹敵するよい杉なのだという。

1次産業に若者が
興味を持っていると言われているが。
なかなかそれで生活していくのは
難しいのかもしれない。

農業の6次産業化。

とはよく言われるけど。

3次産業、つまりサービス業として
何を選択するべきか?

レストランなどの飲食店か?
それとも体験などの観光か?

その両方が必要なのだろうと思う。

特に林業なんて、
観光を解した
6次産業に向いているなあと
思いました。

ふるさとの山。
そんなのを持ちたい人はたくさんいるのだろうなあ。  


Posted by ニシダタクジ at 07:56Comments(0)日記

2010年11月02日

まだ間に合う!まきどき村10周年記念!

参加申し込みまだ受け付けております。
昨日も、某大物が申し込みされました。
楽しみです。




1999年4月に発足した「まきどき村」。01年から人生最高の朝ごはんが始まり、
04年からは旧庄屋佐藤家に拠点を移し、高橋村長の下で活動を続けてきました。
07年には「るるぶ新潟・佐渡」に掲載。08年にはNHK「おはよう首都圏」で放送。

現千葉県知事の森田健作さんとヨネスケさん、アナウンサーの渡辺真理さんも
食べた「人生最高の朝ごはん」。今年、12年目を迎えるまきどき村ですが、
2010年の集大成と村長の名字が変わるということもあり、パーティーを開催します。

スペシャルゲストとして、長野県から世界的に活躍されている
アコースティックバンド「亀工房」をお迎えして、開催します。

時間:11:00~14:00(人生最高の朝ごはんも6:30~開催しています)
参加費:5,000円(学生3,000円)
定員:40名(定員になり次第締め切り)

※料金が若干高めになっておりますが、これは、斉藤文夫さんをはじめ、
お世話になった方をご招待としているためです。

おばあちゃんの作る伝統料理と
ギターとハンマーダルシマーの亀工房の生ライブ
高橋村長の結婚御披露目もあります。
申し込みは西田まで。

亀工房HP http://music.geocities.jp/dpmgq515/index.html
  


Posted by ニシダタクジ at 07:38Comments(0)まきどき村

2010年11月01日

マザーファーム

千葉県富津市
マザー牧場に行ってきました。




ブルーベリー農園とかがあるんですね。



サツマイモ掘りは4株で500円・・・
高い・・・

ソフトクリームは美味しかったです。

なつかしのこぶたレース。
残念ながら限定18名のため、
我が家代表は出られず・・・

40年も続いている観光牧場の
アイデアがいろいろありましたね。  


Posted by ニシダタクジ at 10:03Comments(0)農の未来