スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2010年11月20日

DSR

DSR=大学生の社会的責任

木曜日夕方。
南区のルレクチェ栽培農家、有限会社盈科さん
にお邪魔した。

児玉さんは言う。

大学生がインターンシップに来るというなら、
自分なりの仮説を持って来い。

こういうふうにやったら、
もっと美味しい野菜や果物がとれる
と思うんです、と仮説を持って来い。

それを全力で検証する、
それがインターンシップの価値だ。

それでうまくいかなかったら、
「理論と実践は違うんですね。」
と言って、また大学に帰って学んでくる。

そしてまた違う仮説をもってやってくる。
ふたたびチャレンジしてみる。

インターンシップというのはそうあるべきだ。

なるほど。
同じ目線でぶつかり合うこと。
そこが必要なのだ。

ふと、大学生の社会的責任=DSRという
コンセプトが浮かんだ。

大学生は、4年間。
最高の学びを手に入れながら、
世の中にアウトプットしないのは、
責任を果たしていると言えるのか?

そう。
大学生の社会的責任も
CSR3.0と同じで、
余った時間にボランティアでゴミ拾いも
素晴らしいのだが、

農学部や経済学部という実学を学ぶ場に
席を置いているのだとしたら、
理論をバッチリ学んで、
現場とガチンコでやりあうこと。

それが本業とDSRの融合なのだと思う。
大学生よ、もっと大学で理論を学び、それを実社会にアウトプットせよ。

専門分野の「学び」で地域に貢献しよう。  


Posted by ニシダタクジ at 07:36Comments(0)起業家留学