スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2010年11月04日

提供側にまわるということ

「地域の教育力」が叫ばれている。

それは単に
子どもたちに地域の大人との
触れ合う場を提供することなのか?
と問いが生まれた。

ゲーム世代。
ケータイ世代。

他人とコミュニケーションする
機会が明らかに少ない。

だから遊び場をつくろう。
それで、多くの大人と触れ合えるようにしよう。
それだけで、足りるのか?

「提供側にまわる」ということ。
そこが大切なように思う。

だがしや楽校で店を出してみる。
会津のジュニエコで、食べ物屋台を出してみる。
農家にインタビューして八百屋で野菜を売ってみる。

「提供側の視点」

これをいつ、身につけられるか?
もちろんアルバイトで、接客業などを
経験すれば、つくのだろうが。

小学校で、そのような視点を
手に入れると、世の中が変わってくる気がする。

そんなことが経験できる場を
地域は作っていったらいいのではないだろうか?  


Posted by ニシダタクジ at 07:43Comments(0)地域の寺子屋