スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2009年12月10日

当事者意識を身につける方法

なぜ「起業家留学」なのか?
長期インターンでしか、得られないものは何か?
なぜ、大学時代にやる必要があるのか?

この質問に、僕たちは胸を張って答えなければならない。

「発見」

やりたいこと=テーマが見つかっている人。

そのテーマのところに起業家留学をすると、
挑戦を続ける社長と二人三脚で進むことができる。
その経験は夢への加速を生んでくれるだろう。

テーマが見つかっていない人

テーマが見つかっている社長と二人三脚でプロジェクトを
実施することで、テーマを見つけるとは何かを知るだろう。
たくさんのヒントがそこにあるだろう。

「スキル」

インターンを3期受け入れた総合フードサービスの長嶋社長が言う。
「起業家留学経験者は、社会に出たときに、
同期の3歩くらい先を行っているだろうね。」

それは単にパソコンやプレゼンのスキルだけでなく、
もっとも大きいのは「思考」の部分。
起業家留学では「経営者的思考」を求められる。

なぜ、この仕事をするのか。
この仕事にはどんな意味があるのか。
どうしたら、もっと意味のある仕事になるのか。

その思考を手に入れることが、本人にとっては
大きな価値となるだろうと思う。

「当事者意識」

全ての働く人にとって、必要なのは、当事者意識だ。
いや。
働く人だけでない。
世の中にいる全ての人にとって、社会に対する当事者意識を持つこと。

これこそが、全ての社会問題に対峙できる
唯一の解決法だと僕は思う。
自分がプロジェクトの責任者となり、
プロジェクトを遂行していく。

自分がやらなければ、プロジェクトは失敗する。
その状況下に置かれたときに、どうするのか。

それが当事者意識の始まりだ。

全ての現象に対して、
自分の視点でとらえ、
どうするかを考える。
失敗しても、あきらめずに、方法を探っていく。

その経験がどこかでなければ、
当事者意識が身につくことはない。

中小企業の社員だけでない。
大企業、公務員、教員・・・
いや。
アルバイト店員にだって、当事者意識は必要だ。

当事者意識を身につける、最も良い方法は、
起業することだ。
自分が全責任を負うプロジェクトを始めることだ。

その時点で、すでに当事者意識は高いのだけど。

「起業家留学」は、それを身につける
有効な手段であると思っている。

最後に「仲間」

共にチャレンジした仲間たち。
これは、学生同士だけでない。

プロジェクトに参画する社長やOB・OGたち、
関係者を含め、全てが仲間となる。

若者がチャレンジできる新潟をつくる。
当事者意識を持った志高い若者をどんどん生み出す。

そんな想いをもった集まりの一員となる。

未来は自分たちが創る。

そんな一員に、あなたもならないか?  


Posted by ニシダタクジ at 07:20Comments(0)起業家留学