スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2009年03月07日

栗城史多さん

群馬から帰ってきた足でそのまま
新潟ユニゾンプラザへ。


http://kurikiyama.jp/
栗城史多さん
7大陸の最高峰に無酸素で挑む26歳。

「山男」には到底見えない、小柄な体。
アゴヒゲもない。

映像を交えながらのトーク。
無酸素登頂のすさまじさを感じさせない
ソフトな語り口。

印象に残った言葉
「登るために下りる。」
登頂に成功して、下山しているときに
事故が起こる場合が多い。

だから。
「無事に戻ってこよう」と思うのではなく
「次の山を登るために下りるんだ。」
と思うようにする。

「使命感を持って登りたい。」
僕の一歩が誰かを勇気づける。
そう信じて登りたい。

「夢は元気を呼んでくる。」
夢を持って歩んでいれば、
周りの人をどんどん巻き込んでいく。
それは楽しそうに見えるから。

夢を持って前に進んでいくこと。
そこに楽しそうな空間が生まれる。

こんな講演を中学生のときに聞けたらいいなあ。

詳しくはオフィシャルHPより。
ヤフーファンクラブで応援できます。  


Posted by ニシダタクジ at 06:52Comments(0)日記