スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2008年12月05日

こだわりを翻訳する

食の駅ぐんまで
チーズケーキを売っているばあちゃんがいた。
「お2ばばのチーズケーキ」
(ネーミングどうなんだ?)

1ホール1260円。
なんでも原材料にかなりこだわって作っているらしい。
卵も10個400円するやつを使用。

「ウチはバニラエッセンスじゃなく、
バニラビーンズ使ってますから。」

え?
それってどう違うの?

「バニラエッセンスって化学的に合成されたものなんですよ。」

マジで?!
そりゃ、知らなかった。

「安心な食べ物っていうことで、私はこだわってますので。」

ってそれを書かなきゃ!!

作り手は、
かなりこだわって作っているのに、
それのどこがすごいのか、あまり認識していない。

やはり第3者が入って、
それを聞き取り、翻訳してやること。
どこが強みなのかを認識させることはかなり大切なのだと思う。

そんな第3者機関を作りたいね。  


Posted by ニシダタクジ at 07:52Comments(0)農の未来