スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2008年10月12日

コミュニティが解決する

1999年。
まきどき村は旧巻町の福井を
フィールドにスタートした。

「コミュニティ」というつながりに
胸が熱くなる出来事ばかりだった。

2000年。
幻のNPO法人を設立。
(現在は解散)

うまく説明できなかったが、
「コミュニティ」というものを
巻の街中でも実現したかったのだと
感覚としては覚えている。

中越地震や子どもの遊び場作り、
大学生のインターンシップ事業や
人口流出問題に触れる。

あらためて。
コミュニティの構築。
人と人の生身のつながりをつなぎなおしていくこと。

それで世の中のかなりの問題は
解決していくのではないかと、
最近は思う。

自分自身が19年間を過ごした千葉県に
Uターンしようと思う気持ちがほとんどないのは、
コミュニティのないところで育ったからではないだろうか。

地域の大人と触れたことはない
一体となって地域の祭りに出たこともない。
そこに「ふるさと」を感じられるだろうか?

人と人がつながっている。

防災、防犯。
子どもの教育。
高齢化社会。
ビジネスの空洞化。

解決が難しいとされる問題の多くは
つなぎなおすことで解決の糸口があるのではないか。

そんな新時代のコミュニティの作り方を
考えていくことに大きな意義があると思う。  


Posted by ニシダタクジ at 05:18Comments(0)NPO