スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2008年10月10日

仕組みは演出家

お芝居には、
主役がいて、脇役がいる。

それと同じように、
現実社会にも、主役がいて、脇役がいる。

いや。
主役と脇役というような、
役割を感じるくらいの熱いぶつかり合いの場を
つくっていく必要がある。

まちの人たち
の特技を発掘して、
それを披露する仕組みをつくる。

子どもが大人と遊びを通して、
いろいろな世界に触れ、
また大人たちも子どもと触れることで
新しい世界を発見するような、
そんな仕組みをつくっていく。

その仕組みは、
世の中の人たちを主役にしたり、脇役にしたりする。
その本気のぶつかり合いが、
世の中を明るくしていくのではないか。

「仕組みをつくる」
ということは、演出家になるということ。

世の中という舞台に、
輝きを生んでいくこと。  


Posted by ニシダタクジ at 06:14Comments(0)おやじ万博