スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2008年10月06日

「農」へのかかわり

思いつくままに
「農」への支援策を考えてみる。

「農業支援」というと、なんだかカタくなってしまう。
集落営農とか、大規模化とか、中山間地の直接所得補償とか。

そんな重い支援ではなく、
むしろ「思い」支援をしたらどうかな。

写真を勉強している人が
農家のおじさんをモデルにして、
いかにカッコよく撮れるかを競い合う。

ライター希望の人が、
そこでつくっている商品(野菜など)
にキャッチコピーをつける。

経済を学んでいる学生が、
消費者に対してどんなアピールをすれば、
野菜が売れるのかを提案し、具体的にアクションしてみる。

そんな、win-winモデルというか、
やっている学生も実践的な学びとなり、
農家にも経済的なメリットだけでなく、
誇りを取り戻していくような、
しかも楽しい、ワクワクする、
そんなモデルを構築したい。

農業との関わり方は3つあるそうだ。

1 就農する
2 農業関連産業を仕事にする(八百屋など)
3 本職があって農業に少しだけ関わる

1だけの支援だけではなく
多様な2と3を創っていくことが
農業支援につながるのではないかと強く思っています。  


Posted by ニシダタクジ at 06:09Comments(0)日記