スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2008年09月05日

子どもの人生を引き受けない

優れた教育者とは、なんだろうか。

理想を語り、リーダーシップを発揮し、
「オレについて来い」
と導いてくれる人か。

自分に厳しく人に優しく、
人生に対する姿勢が素晴らしくて、
「目標とするのは、あなたです。」
と言ってもらえるような人か。

「いいんだよ」と
包み込んでくれる愛で
あたたかく見守ってくれる人か。

そのどの人にもなれない人は、
教育者として、生きていくことはできないのか。

僕は、その全てになれない。
でも、教育というものに関わりたいのだ。

「場をつくる」ということ。
子どもがチャレンジできる場をつくるということ。
心を開いて安心できる場をつくるということ。
悩んだときに帰ってこれる場をつくるということ。

それは。
まきどき村の畑だったり、
おやじ万博のイベントだったり、
近所のおばちゃんも集まる塾だったり。

子どもの人生を引き受けない。
場を提供していくだけ。

子どもはそこでいろんな人から影響を受け、
自分なりに人生を選び、進んでいく。

そんな教育が成り立たないだろうか。  


Posted by ニシダタクジ at 05:59Comments(0)NPO