スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2008年08月21日

ハンズオン

お昼からETIC.のお二人と今後の話。

まずはひとつひとつの起業家留学を
ていねいにやっていくということ。

受け入れ企業がどんな会社で
社長がどんな性格で、
どんな学生をマッチングして、

どうなったら会社にとっての成果なのか。
どうなったら学生にとっての成長なのか。

そこに向かっていくときの落とし穴は何か?
それに対してどのように対処していくか。
それらをすべて確認した上でスタートさせるということ。

そして毎月ETIC.によるチェックが入ります。
「ハンズオン」の日本語訳は「詰める」ということでした。(笑)

ついつい
「人にやさしく、自分に甘く」になってしまうので、
この詰めはありがたいです。

ひとつひとつていねいにやっていくこと。
そして将来ビジョンを描き、それに向かっていくこと。

大学生の当事者意識の醸成。
大学生である自分と起業家留学をしている組織が
同じ経営の船に乗るということ。

星野くんや松崎くんのような、
そんな存在を多数生んでいくこと仕組みをつくっていくこと。
それが起業家留学事業で、

それを経た大学生が当事者意識を持って、
自分、所属している組織、そして世の中に
変革を起こしていくのだと思った。  


Posted by ニシダタクジ at 06:22Comments(0)起業家留学