スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2008年08月08日

農業後継者を育てる

農学部時代に、
全国のこだわり農家を見て回る
旅をした。

ひとりひとりの人生そのものが
畑に表現されていた。

いま。
中国のギョーザ問題。
食品偽装。
燃料高騰による食品の値上げ。

自給自足
「自分で野菜を作って自分で食べる。」
地産地消
「なるべく地元で生産されたものを食べる」

その真ん中くらいが理想。
地域で採れたものを地域の住民が消費する。
「誰が作った野菜か分かる」顔の見える関係。
できれば少しばかり畑に入って収穫や草取りをする。

そんな関係が構築できれば、
自然と農家は元気になっていくし、
子どもたちが農業へ関心を持つことにも
つながっていく。

高儀ファームの高橋社長の話を聞いていると
いつも熱くなる。
本気の大学生と本気の農家をつないでいくこと。
そこから始まるブレイクスルーを見てみたい。
  


Posted by ニシダタクジ at 06:30Comments(0)起業家留学