スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2008年02月09日

ライバル

今日は税理士さんに相談に。。。
と思っていたら、なぜかバスケの試合を
観戦しに行くことに・・・
手に汗握る攻防の末、1点差負け。
うーむ。

その後、熱い想いを伝えて、
帰ってきました。

NHKのSONGS総集編やってました。
アーティスト達が一番思い入れのある1曲を歌ってました。

僕達のライバルは、この人たちです。

この人たちに負けないくらい、
事業に想いを込めて、中高生に感動とインパクトを
与えていくこと。

それしかないのです。  


Posted by ニシダタクジ at 23:28Comments(0)NPO

2008年02月08日

新大附属小

新大附属小に行ってきました。
5年生の総合学習のスペシャルゲストに
なってきました。

当日は年に1回の
スペシャルなイベントの日で、
教室の脇に先生方がズラーーーッと。

ものすごい中で勉強しているなあ、こどもたち。
それなのに、キョロキョロする子もいなくって、
みんなすごい手があがるんだわ。。。

仕事の魅力、
伝えられたかな~。  


Posted by ニシダタクジ at 19:26Comments(0)日記

2008年02月07日

ひとり会議

朝8時。
モスバーガー巻店。
お客はいない。

コーヒーを飲みながら
ノートに向かう。

ひとり会議。

こういう時間が大切なのかもしれない。  


Posted by ニシダタクジ at 21:24Comments(0)日記

2008年02月06日

ドラマ化!

昨年2月発売の
「ホスピタルクラウン」が
ついにスペシャルドラマ化!!


http://www.sanctuarybooks.jp/clown/

3月14日(金)21:00~フジ系列にて。
常盤貴子&宮迫博之!
感動のドラマになるでしょう。

帯をドラマ用に巻き換えて、
2月下旬から全国書店に並びます。

人生に迷っている20歳のあなたへ。

天職とは、
選ぶものではなく、
たどりつくものなんだと、
大棟耕介さんが教えてくれます。

「ホスピタルクラウン」
教育実習で授業をやりました・・・  


Posted by ニシダタクジ at 07:06Comments(0)出版営業中

2008年02月05日

少しずつ復帰

やっと起きれました。
60時間ぶりです。
頭が少しボーっとしていますので、
デスクワークを軽くこなします。

おかゆ
うどん

ときて、夜は何を食べようかと
思って、肉屋さんに相談です。

「しょうがとニンニクで焼肉にしなさい~」

ええええ!
まじっすか?

おかゆ、うどん、焼肉?

そんなステップアップして大丈夫なんでしょうか?

ということで言われるがまま
しょうがとニンニクをすりおろして、
しょうゆで味付けた肉を食べました。

美味しかったのですが・・・

濃い味になってしまったのでノドが乾きます。。。  


Posted by ニシダタクジ at 20:20Comments(0)日記

2008年02月04日

引き続き

闘病中です。
やっとおかゆを食べました。
あとはみかん。。。

みかんしか食べたくない。。。  
タグ :みかん


Posted by ニシダタクジ at 20:23Comments(0)日記

2008年02月03日

寝たきり・・・

昨日から、体調思わしくなく・・・
と思ったら、本日、全身が痛い・・・
頭もおかしい。。。
熱が出ているのか・・・

ということで寝たきりです。

食事は深夜に自動販売機まで這っていってゲットした
アミノサプリ

33歳折り返しました。  


Posted by ニシダタクジ at 07:21Comments(0)日記

2008年02月02日

熱意ある先生

熱意ある先生にお会いした。

「こどものために、どんな体験が必要か?」

そのためのどんな仕掛けも
労を惜しまずに進んでいく姿に、
心を打たれた。

こんな先生でいっぱいの学校だったら、
とても楽しいだろうなと思う。

でも、それでも。
学校外の学びの場が世の中には必要です。  


Posted by ニシダタクジ at 22:27Comments(0)日記

2008年02月01日

長岡のスタバ

長岡駅で途中下車
川口町社協と小千谷市社協の方と打ち合わせ
9月20日の(!)
ボランティアフェスティバルについて。

災害部会の
「世代を超えたボランティア」について
コーディネータをやってほしいということ。
できるかな。

シニアボランティアや学生ボランティアが
活躍した中越地震。
どんなことをこれからに活かせるか?

むむむ。
聞けども聞けども、
シニアと学生の接点が見えない。。。

同じボランティアに一緒に取り組んだわけでもないし。
シニアにはシニアの、学生には学生の役割があると思うし。

何より「世代を超えたボランティア」で
聞いてみたい!と思う参加者っているかなあ
と思い、提案をしてみました。

学生ボランティアだけに絞ったらどうですか?
それならばいろいろな話ができそう。

最後には奇抜なアイデアも飛び出ました。
さあ、どうなりますか。
次回会議が楽しみです。

長岡のスタバ、
店内で飲んだのに紙コップだったのはなぜ?  


Posted by ニシダタクジ at 21:22Comments(0)NPO