スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2010年03月15日

囲炉裏の火

佐藤家保存会の総会。
そして懇親会。

ホントはみんなと飲みたかったのだけど、
子連れのため、断念。

囲炉裏の部屋で
おばちゃんたちと語っていました。



囲炉裏の火って楽しいね。  


Posted by ニシダタクジ at 06:30Comments(0)まきどき村

2010年02月12日

のっぺ

新潟の伝統料理と言えば、
「のっぺ」

サトイモとこんにゃく、
ゴボウとニンジンなどの
根菜類を煮たもの。

サトイモのねばりが効いている。

「のっぺ」
という響きがいいよね。



内藤さん、ありがとうございます。  


Posted by ニシダタクジ at 08:09Comments(0)まきどき村

2010年01月11日

お正月の風景

お正月の風景が
まきどき村にありました。



餅つき



そしてかるた。




かるたはもちろん今話題の「新潟弁かるた」です。
http://www1.odn.ne.jp/n-kappan/
⇒新潟活版所プロデュース

これがすごくよかった!
餅つきの準備をしてくれていたばあちゃんに
「斉藤さん、かるたを呼んでください」とお願い。

読むだけで笑いが取れます。
そっつらがん・・・
最高!!

世代をぎゅっと縮めるかるたです。

餅つきも斉藤さん指導の下、
子どもたちもついていました。
斉藤さんたちもうれしそうでした。

まきどき村に子どもがたくさんくるとうれしいですね。

お正月の風景が、
まきどき村にはありました。  


Posted by ニシダタクジ at 07:39Comments(0)まきどき村

2009年12月29日

ブランドビジネス

昨日の日経MJに
スターバックス日本法人社長、岩田さんの
インタビューが掲載されていた。

当たり前のことのようで、
とても大切なことがたくさん載っていました。

「いい会社の基準は利益だけではありません。
お互いが台頭で尊敬しあえる風土、企業文化がスターバックスにはある」

「イノベーション(革新)には、失敗はつきものです。失敗したらごめんなさいです。
この会社には失敗を許容する文化があります。だからこそ新しい挑戦ができるのです。」

「スターバックスに長時間いて勉強して下さってもいいです。それで頭がよくなって
くだされば、社会貢献ですよ。長期的に見れば、ロイヤルティーの高いお客様になっていただけますから。」

そして。
なによりも、インパクトがあったのは、価格競争の話。
マクドナルドなどの低価格路線に対してどう対応するか
という質問に対して。

「価格競争に加わることはありません。スターバックスはブランドビジネスだからです。」

スターバックスは、人とコーヒーと雰囲気の3要素が組み合わさったブランドなのです。

なるほど。
スターバックスはコーヒー屋さんではないのだ。
だから、「コーヒー」の価格競争には加わらないのだ。

ドライブスルーなら、マクドナルドでもいいだろう。
しかし、店内で味わうのなら、スターバックスでしょう。
ということかな。

「3要素をさらに磨いていくこと。
よりよいコーヒーをより素晴らしい接客サービスで
よりよい雰囲気を味わって頂くように努力します。」

なるほど。
これがスターバックスの魅力なんだな。

人とコーヒーと雰囲気。

そう言えば。
まきどき村の朝ごはんにも似ているな。

人と朝ごはんと雰囲気。

さらには自然と畑と歴史・文化。

なるほど。
まきどき村はスターバックスに似ているのだ。

さらに、磨いていこう。  


Posted by ニシダタクジ at 04:56Comments(0)まきどき村

2009年12月24日

編集力

昨日、10時55分から村長とテレビ上映会。
チームエコ「自然派宣言」~人生最高の朝ごはん

すごかったです。

編集が。

すごく、雰囲気が出ている感じ。

ああいう感じでやっているんだなあ、
まきどき村。

とあらためて思いました。

UXの小林さん、1年間本当にありがとうございました。
想いが伝わってくるステキな番組でした。
斉藤さんの撮った写真がすごくよかったです。

斉藤さんをはじめ、
周りの皆様に支えられて
まきどき村11年目が終わります。

あなたも朝ごはんを食べに来ませんか?

新潟在住の方、
再放送があります。

再放送【人生最高の朝ごはん】
27日(日)25:05~25:35
チームエコ「自然派宣言」
UX(新潟テレビ21)で放映です。  


Posted by ニシダタクジ at 06:10Comments(2)まきどき村

2009年12月21日

けんさ焼き&呉汁

★ニュース★
まきどき村テレビ放映のお知らせ
12月23日10:55~ UX(新潟テレビ21)で
まきどき村30分特集が放映されます。
新潟ローカルです。よろしくお願いします。

ということで、
昨日は最終収録日でした。
5月から半年間、まきどき村に密着。

昨日は熱いコメント撮りをしていました。
どこが使われるかは本番のお楽しみに。

さて。
昨日はまきどき村、今年最終イベント
けんさ焼き+呉汁の料理教室。

けんさ焼きとは、
おにぎりにショウガ味噌をつけて、
あぶって食べる焼きおにぎりのこと。

ショウガ味噌には、みりんが入っていて
ちょっぴり甘いのがポイント

呉汁とは、
大豆をすりつぶしたものを混ぜた汁。
最高にダシが出ていて、激ウマなんですよ。
肉なんていらない。

今日は内藤さんに料理の先生をお願いしました。
これが大豆のすりつぶしを入れた後の呉汁です。


うまそ~~ですね。

次に、おにぎりを握ります。


それでもって、それを囲炉裏で焼きます。


内藤さんが焼きます。


完成です。
けんさ焼き&呉汁。


呉汁はダイズのすりつぶしのダシによって、
めちゃめちゃまろやかな味になってます。
これは美味すぎます。

内藤さんも味に満足しているようです。


これ。
来年から定番化しようと思います。

佐藤家大掃除+けんさ焼き&呉汁の会を
毎月開催したいと思います。

集合午後1時。
佐藤家大掃除開始。
午後4時~けんさ焼き&呉汁の会です。

来年3月に第1回やりますね。  


Posted by ニシダタクジ at 06:31Comments(0)まきどき村

2009年11月30日

東京デビュー

東京、四ツ谷のサンクチュアリ出版
にて、トークライブ開催されました。
参加者8名。
ちょっと少なかったですが、
その分、質問をかぶせながらの
濃いトークができました。

僕のテーマは3つあるということに気づきました。

「豊かさを問い直す」
・・・
ここが出発点でした。環境問題、農業の問題。
すべては豊かさの画一性から来ているのではないでしょうか。
農作業体験、そして、人生最高の朝ごはんは「豊かさを問い直す」活動です。

「誇りあるコミュニティを創出する。」
・・・
かやぶきの家、佐藤家保存会のじいちゃんたちの
地域を愛する心に触れ、涙が出ました。
地元に誇りを持つこと、その素晴らしさを体感しました。
そんなコミュニティを創出していきたいと考えます。
農家ファンクラブであったり、起業家留学のコミュニティであったりします。

「起業家精神を持ち、未来を創っていく。」
・・・
バラ色の未来は、誰が作るのでしょうか。
政治家でしょうか、官僚でしょうか、先輩世代でしょうか。
真実はおそらくひとつ。僕たちが創らなければ未来はないということ。
ひとりひとりが新しい未来を創っていく、そんな社会をつくりましょう。
起業家留学は、まさにそんな人を輩出していくために事業です。

次回があるとしたら、
「昼ごはん」でもやりましょうかね。
釜炊きは難しいと思うので、鍋炊きで。  


Posted by ニシダタクジ at 06:47Comments(0)まきどき村

2009年11月08日

11月29日(日)東京で

11月29日(日)東京で、単独トークライブです。
初体験です。
なんでもチャレンジです。
まきどき村の話をしてきます。

http://www.sanctuarybooks.jp/pc/

田舎暮らし、農的生活、半農半X。
いつかはそんな生活をしてみたい。
そんなあなたに贈ります。

1999年4月、日本海を望む山のふもとで始まった「まきどき村」。
昨年5月には現千葉県知事の森田健作さんとヨネスケ師匠が。
今年10月には、渡辺真理さんと加藤千洋さんが食べたという
伝説の朝ごはん。

農作業のあとに、みんなで味噌汁を作り、
地元のじいちゃんが炊いた釜炊きごはんと、
ばあちゃんの作った漬物で
囲炉裏を囲んで食べる、「人生最高の朝ごはん」とは?

20歳で新潟の地に飛び込んだ、
新潟の伝説ニシダタクジが語る、「自分の村」の作り方。

まきどき村で採れた野菜を使ったスイーツの試食あり。

【日時】11月29日(日)15:30~17:30
【場所】サンクチュアリ出版会議室(サンワールド四谷ビル5F)
【参加費】2300円+税

○こんな人にオススメ
★農的生活に興味がある。
★地域のじいちゃんばあちゃんと仲良くしたい。
★将来は地元に帰りたい。
★スイーツ好き  


Posted by ニシダタクジ at 06:17Comments(0)まきどき村

2009年10月26日

脱穀

先週、サツマイモジェラートを食べました。
まきどき村の秋がゆっくりと過ぎていきます。
昨日は脱穀でした。

自然農の田んぼ、
誰か本格的にやらないかなあ~。

ほたるの飛ぶ川の水で作ったコシヒカリ、
絶品です。
  


Posted by ニシダタクジ at 06:53Comments(0)まきどき村

2009年10月13日

サツマイモ掘り

今年もそんな季節がやってきました。
まきどき村のサツマイモを
使いました、サツマイモジェラート。

今日は早速掘ってきました。


満面の笑みでサツマイモを掘るのは、
まきどき村長、高橋秀樹氏。

そのまま
ジェラートの名店、レガーロに持ち込み、
さつまいもジェラートの依頼をしてきました。

今年の畑もあと少しです。
来週の日曜日、テレビ取材が来ます。
参加者、募集中。  


Posted by ニシダタクジ at 05:39Comments(0)まきどき村

2009年10月11日

時間と空間が生んでいく豊かさ

海老名など、神奈川県の県西地方で様々な
仕掛けをしているISSE山岡さんがまきどき村へやってきた。

佐藤家保存会事務局長
斉藤文夫さんと村長を交えての
サンマパーティーを開催。

囲炉裏を囲んで語り合う、
そんな飲み会は豊かだ。
初対面が一瞬にして、
仲間になっていく。

サンマやホタテを焼きながら、
「焼けたかな?」とかいいつつ、
会話が弾んでいく。

火を見ながら、夢を語っていく。

まきどき村で伝えたいのは、
まさにこの時間と空間のアートだ。

水と土の芸術祭。

まきどき村にもぜひどうぞ。

目に見えない心のアートがここにあります。  


Posted by ニシダタクジ at 05:12Comments(0)まきどき村

2009年10月03日

NPO法人旧庄屋佐藤家保存会

まきどき村の
人生最高の朝ごはんの
会場となっている旧庄屋佐藤家は、
NPO法人によって運営されている。

役員のほとんどが地元の重鎮だ。

その中に僕と
まきどき村の村長、高橋秀樹がいる。

昨日は、
その役員会。
今後の活動についての
意見を取り交わした。

僕の提案は
1年に1回の大宴会。

会費を5000円くらいとって、
そのうち1000円は年会費に充てる。
また、1000円は何かの改修費に充てる。

など、寄付つきの
飲み会を開催するのはすごくいいと思う。

かやぶきの家で
飲んでみたいという人は
必然的に会員になっていくという
仕組みが必要なのではないだろうか。  


Posted by ニシダタクジ at 21:18Comments(0)まきどき村

2009年08月23日

天神囃子

十日町市川治。
東京の佐野くんがプロデュースする、
雪ふる里村。
雪国版のDASH村を作ろうという企画。

昨日はそこに
大地の芸術祭を絡めた
イベントがあり、そちらに参加してきました。

紙で風車をつくって、
みんなで設置して、それを上から見る。

そんなことをした後で
みんなでバーベキューです。
地元の人もたくさん来ていました。

圧巻だったのは、
お父さんたちがみんなで歌う
天神囃子(てんじんばやし)

おめでたいことがあったときに歌うという
この歌をおっさんたちが歌ったときに
流れた空気はすごくよかった。



東京の人たちと一緒に
創り上げていく雪ふる里村。
来年は古民家を移築するそうです。

DASH村が始まります。  


Posted by ニシダタクジ at 05:55Comments(0)まきどき村

2009年08月10日

佐藤家保存会

今日の朝ごはんの
前の作業は、農作業ではなく、
佐藤家周辺の草刈&掃除。

大勢でいっせいにやると
きれいになります。
その後、佐藤家保存会の役員の方々と
一緒に朝ごはん。
エダマメ入りごはんが美味しいです。

この地域にやってきた。
ものすごく運命を感じるわけです。

偶然にも、
県内有数のまちづくりの盛んな地域。
ステキなかやぶきの家が保存してある地域。

地域のみんなが、
自分の育った地域を、自然を、歴史を
誇りに思っている地域。

そんなみなさんに出会えて、
僕は涙が出ました。

「地域」を意識したのは、
佐藤家保存会の皆さんに出会ったからです。

10年。
あっというまでした。
これからは、さらに、この誇りを伝えていける
活動をつくっていきましょう。

よろしくお願いします。  


Posted by ニシダタクジ at 06:37Comments(0)まきどき村

2009年08月09日

夏休み

夏休み。
佐藤家掃除のための合宿をしていました。

吉川姉弟ももちろん参戦
小学校5年生と2年生の姉弟も
夜遅くまで起きて、
楽しくやっていたようです。

花火、やりました。

ああいうのを外から見ているときが
一番幸せです。

夏休みの思い出になりましたか?

  


Posted by ニシダタクジ at 13:00Comments(0)まきどき村

2009年08月01日

8月1日の朝

8月1日の朝。
僕はまきどき村の意味を知った。

ああ。
そうだったのか。

自然との対話とか
他者との自然を通じたコミュニケーションとか
つながっているだとか。

理論的には、なぜ?の理由は
たくさんつけられるけど。
それは本質的な価値ではない。

僕はこの瞬間のためにまきどき村を始めたのだ。

1999年の8月は暑かった。
連日35℃以上の猛暑日が続いた。

まきどき村の活動は通常、日曜日の10時から。
この日は東京からお客さんが来ていた。
作業は竹炭焼きに備えての竹の切り出しに竹割り。

暑くなる前に、ということで朝7時集合になった。
参加者は5名。

しかし、暑かった。
午前8時になる前にすでに
さんさんと降り注ぐ太陽に、
体力を奪われていた。

そこに地元のおばあちゃんが通りがかる。

「おめさん、なにしてんだね~?」

おばあちゃんにしてみれば、
見たこともない若者が竹を割っているのだ。

「竹炭焼きの竹を割っているんです。」

「暑いのにたいへんだね~」

そしておばあちゃんは去っていった。


15分後。


おばあちゃんは戻ってきた。


手にいっぱいのトマトを持って。


「ほら。これ食べなせえ」


喉が渇いていた僕たちは休憩することにした。


みんなでトマトをかじった。


突き抜けるような空。
真夏の太陽。


トマトをかじった瞬間に、時間が止まった。
なんともいえない空気がその場を満たした。


ああ。
僕はこのために始めたのだ、と心から思った。


なんともいえないこの瞬間。
この一瞬を味わうために、僕はやってきたんだ。


おばあちゃん。
青い空。
竹林。
集まってくる仲間たち。
そして、トマト。

すべてがその瞬間を生み出していた。

「僕はこれがやりたかったんだ。」
そう確信した8月1日だった。

始める前から
「自分のやりたいことはこれだ。」
と確信を持ってはじめられることなんてあるだろうか。

最初は自分の中の感性を信じ、
とにかくやってみよう。

何ヶ月後か何年後か。
「おれは、これがやりたかった!」
と確信を持てる日が来るかもしれない。
来ないかもしれない。

しかし、アクションを起こさなければ、
その日は永遠に来ない。

8月1日の朝から10年。
支えてくださった皆様、ありがとうございます。
特に高橋村長に深く感謝です。  


Posted by ニシダタクジ at 06:00Comments(0)まきどき村

2009年07月13日

ミミズ!!

人生最高の朝ごはんに
お母さんと4歳の女の子史妃ちゃん登場。
地元の小学校3年生男子、
カズくんもちょっとテンションが高い。

ジャガイモの収穫。

掘っていたら、
ミミズが出てきました。
思わずワッというお母さん
が叫ぶので史妃ちゃんもびっくりしてビビる。

大丈夫。
大丈夫。

とやっとジャガイモを収穫できました。

釜で炊くご飯を
興味深そうに見ていました。

料理は
ジャガイモと大きくなりすぎた
きゅうりの炒め物。(これがうまかった)

キャベツときゅうりの浅漬け

キャベツとピーマンの
あっさり炒め物。

なすの味噌汁。

つけものは、梅干に山海漬けにしその実でした。
ご飯も上手に炊けました。

6人で楽しく食べました。

カズくんを料理人に仕込んでいかなくちゃ。  


Posted by ニシダタクジ at 08:26Comments(0)まきどき村

2009年05月25日

ダイコンの実

ダイコンの実。
を知っているか。

ダイコンを掘らずに放置しておくと
花が咲きます。
キレイな白い花です。

そして、種をつけます。
それが、ダイコンの実。




生でかじると、ほんのり
ダイコンの香りと味がします。

さて。
これをどうやって料理しようか。

まずは油で炒めてみました。
醤油味です。

・・・
あんまり・・・

次に囲炉裏で炙ってみました。
直火焼きです。

そして笹川流れの玉藻塩で
食べてみました。

うんうん。
ウマー。
これは美味しい。

たぶん。

ソラマメのシーズンが待ち遠しいです。
6月7日(日)まきどき村でソラマメ炙り焼きです。  


Posted by ニシダタクジ at 05:15Comments(0)まきどき村

2009年05月04日

本日、BSN放映です

ほたるの里朝市に
小さな売り子たち。


野菜いかがですか~?
安いですよ~~
と声をかけている。

こういうお店側の経験って
楽しいんだろうな。
フリーマーケットでもよく
子どもたちが活躍しているもの。

小さな商売
を経験するってなかなか大切なことのような気がします。

本日。
まきどき村の人生最高の朝ごはん
BSNのニュースで放映されます。
午後6時過ぎです。
お楽しみに。  


Posted by ニシダタクジ at 05:53Comments(0)まきどき村

2009年04月30日

早朝作業

朝6時。
まきどき村の畑。
空気が美味い。

男3人。
荒れ放題になっている
畑に立ち向かう。

僕の役割は、
菜の花畑と化していた
ダイコンやカブ、冬菜たちを引っこ抜くこと。

次に植えるのは
ナスかトマトか。
キュウリはあまり好きではないので、
まきどき村はあまり植えてないですね。
今年は植えようかな。

1時間ほどやったところで
村長が終了の号令。

手を洗って、コンビニへ。

ドリップコーヒーと
ロールケーキを、
コンビニの前に座り込んで
男子高校生風に食べていました。

たまには、ありです。

さて。
ちょっぴりキレイになった畑に、
5月3日(日)に植え付けします。

GWの予定をまだ決めていない方。
3日は朝6時~7時にまきどき村へどうぞ。

人生最高の朝ごはんと待ってます。  


Posted by ニシダタクジ at 04:27Comments(0)まきどき村